ホーム >> イベント情報 >> 平成30年度 薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会

開催日程及び開催場所等

地 域 日 時 会 場 申込締切 申し込みフォーム
北海道 9月25日(火)
13:00~17:00
ACU SAPPORO(ACU-Y 読売北海道ビル) 3階 Y0305
(北海道札幌市中央区北4条西4丁目読売北海道ビル3F)
9月11日(火)
受付終了
東北 10月3日(水)
13:00~17:00
TKPガーデンシティ仙台 30階 ホール30B
(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 AER 13F/21F/30F)
9月19日(水)
受付終了
関東 10月24日(水)
13:00~17:00
TKP大宮駅西口カンファレンスセンター 6階 ホール6A
(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-8-1
ベルヴュオフィス大宮5F・6F)
10月10日(水)
受付終了
北陸 11月30日(金)
13:00~17:00
TKP金沢新幹線口会議室 4階 4B
(石川県金沢市堀川新町2−1 井門金沢ビル 3F/4F/6F)
11月16日(金)
受付終了
東海 10月30日(火)
13:00~17:00
AP名古屋.名駅 6階 P+Q
(愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル 6・7・8階)
10月16日(火)
受付終了
近畿 11月7日(水)
13:00~17:00
TKPガーデンシティ京都 2階 山吹
(京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
京都タワーホテル 2F/7F)
10月24日(水)
受付終了
中国四国 11月6日(火)
13:00~17:00
岡山国際交流センター 2階 国際会議場
(岡山県岡山市北区奉還町2丁目2−1)
10月23日(火)
受付終了
九州・沖縄 11月22日(木)
13:00~17:00
ホテル熊本テルサ 3階 たい樹
(熊本県熊本市中央区水前寺公園28-51)
11月8日(木)
受付終了

趣旨

国内の漢方製剤・生薬の生産金額が拡大する中、生薬の原料は約8割を中国からの輸入に依存しています。他方、生薬の原料は、中国国内での需要量の増加等により、今後の安定的な原料調達先の複線化の必要性が高まっていることから、その具体的な対策として国内産原料の生産拡大が求められています。
平成25年度からの3年間、厚生労働省、農林水産省、日本漢方生薬製剤協会の共催により、全国8ブロックにおいて、産地化を志向する地域の都道府県及び市町村の担当者、生産者等を参集し、薬用作物の生産及び需給情報等についての説明及び意見交換を行う会議が開催され、産地化希望者と実需者間のマッチングにより、試作開始や取引開始等の成果が現れています。
平成28年度からの2年間は一般社団法人全国農業改良普及支援協会及び日本漢方生薬製剤協会により設立した薬用作物産地支援協議会が農林水産省の補助事業「薬用作物等地域特産作物産地確立支援事業」を活用し、薬用作物に関する事前相談・マッチング窓口の設置や指導者向け「栽培技術研修会」の開催などの取組みを通して、薬用作物の産地化に向けた支援に努めてまいりました。
今年度は、農林水産省の補助事業の名称が「茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業」となり、薬用作物の産地化促進を更に支援する内容となっております。
当協議会ではこれまでに生産者様から寄せられた要望を踏まえ、「産地化希望者と実需者との意見交換」、「当協議会による個別相談会」に加え、新たに「各地での産地化の取組事例紹介」、「農業・食品産業技術総合研究機構の研究成果報告」等を盛り込んで平成30年度「薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会」を全国8地域にて開催します。

主催

薬用作物産地支援協議会

内容

本会では、薬用作物の産地化を目指す地域(関係者)と実需者との情報の交換・共有を図るため、1部“薬用作物に係る説明会”として関係機関による説明及び質疑応答を行い、2部“個別相談会”として産地化希望者からの事前申し込みによる個別の相談を実施します。

薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会

1部 薬用作物に係る説明会  13:00~16:05
(1)薬用作物を対象とした補助事業等について 農林水産省
(2)漢方製剤等の現状等について 厚生労働省
(3)薬用植物の研究及び種子・種苗について 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 薬用植物資源研究センター
(4)薬用作物産地支援協議会の取組について 日本漢方生薬製剤協会
   ・薬用作物の需給情報
   ・技術アドバイザー派遣の紹介
   ・実需者側の生産希望情報と、生産者側の試作情報をWEBで閲覧
(5)産地化取組事例の紹介 各地生薬生産団体
(6)薬用作物の国内生産拡大に向けた技術開発 農業・食品産業技術総合研究機構
(7)質疑応答
2部 個別相談会  16:15~17:00
(8)事前申し込みによる個別相談

参加対象範囲

薬用作物(※)の産地化を目指す地域の担当者
・薬用作物の栽培に係る、あるいは今後検討したいと考えている生産者(団体)等の関係者
・都道府県農業団体担当者
・都道府県農政部局及び薬務部局担当者
・市町村農政部局及び薬務部局担当者 等

地 域 対象都道府県
北海道 北海道
東北 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡
北陸 新潟、富山、石川、福井
東海 岐阜、愛知、三重
近畿 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国四国 鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知
九州・沖縄 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
(※)漢方製剤・生薬製剤等の漢方薬の原料として使用される薬用作物を対象としています。

常設相談窓口

対応日: 月曜日、木曜日
時間: 10時~16時

参加申し込みフォーム
地域相談会への参加申込み
FAXでも受け付けています
03-6284-2534
FAX用紙のダウンロード
地域相談会への参加申込み

参加申し込み

・薬用作物の産地化に向けた地域説明会および相談会への参加申し込みは、薬用作物産地支援協議会ホームページ(参加申し込みフォーム) からお申し込みください。 或いは、参加申込書(別紙2)の様式により、Eメール(soudan@yakusankyo-n.org)またはFAX (03-6284-2534) にて、締切り日までにお申し込みください。
・個別相談を希望する場合は事前申し込みとします。なお、申し込み内容あるいは申し込み件数によっては、当協議会にて調整させていただき、当日対応できない個別相談に関しては、別途、当協議会の常設の相談窓口にて対応いたします。

連絡先:薬用作物産地支援協議会 日漢協事務局
担当 樋口
Tel:03-6264-8087 Fax:03-6284-2534
Email:soudan@yakusankyo-n.org